君と、A列車で行こう。

鉄道とシミュレーションゲーム「A列車で行こう9」を中心に綴るブログ。当面、東北地方太平洋沿岸の訪問をメインにしています。

初夏の三陸ウニ丼紀行 (5)初夏の陸前高田と爽やか系冷やし担々麺

県を跨ぐ移動自粛要請が解除され、さっそく三陸へ出かけました。3日目の昼は陸前高田に向かい、初夏の気候の中、さっぱり爽やかな冷やし担々麺と水餃子をいただきました。

ブロガーバトンに代えて~時間軸をつなぐ、物語をつなぐということ

鉄道を受け継いで運行されている気仙沼線BRTのバス(柳津駅にて)

初夏の三陸ウニ丼紀行 (4)気仙沼のシンボル・安波山を行く

県を跨ぐ移動自粛要請が解除され、さっそく三陸へ出かけました。3日目の朝は気仙沼のシンボル・安波山へ向かい、周囲を一望する風景を堪能しました。

初夏の三陸ウニ丼紀行 (3)南三陸町の一日と至福のメガうに丼

県を跨ぐ移動自粛要請が解除され、さっそく三陸へ出かけました。2日目の昼は南三陸さんさん商店街で、ウニが200g盛られた「メガうに丼」をいただきました。

初夏の三陸ウニ丼紀行 (2)気仙沼のあけぼの、田園風景の柳津駅

県を跨ぐ移動自粛要請が解除され、さっそく三陸へ出かけました。2日目の朝は気仙沼で日の出前の風景をホテルから眺め、初発で柳津駅へ向かいました。

初夏の三陸ウニ丼紀行 (1)夕霧の南三陸町でウニ丼を食す

県を跨ぐ移動自粛要請が解除され、さっそく三陸へ出かけました。初日は南三陸さんさん商店街へ。夕霧に包まれた町でウニ丼とタコの刺身をいただきました。

雨と紫陽花の銚子電鉄へ

6月中旬、朝から小雨が降り続く中、紫陽花に彩られた銚子電鉄を訪ねました。

緑あふれる初夏の銚子電鉄へ (3)灯台と緑のトンネル

5月末、緑あふれる風景を求めて初夏の銚子電鉄を訪問。最後は、銚子電鉄を撮影する定番の場所をいくつか訪ねてみました。

緑あふれる初夏の銚子電鉄へ (2)展望台から見渡して

5月末、緑あふれる風景を求めて初夏の銚子電鉄を訪問。この日から営業を再開した「地球の丸く見える丘展望館」を訪ねました。

緑あふれる初夏の銚子電鉄へ (1)キャベツ畑とキンメとイワシ

5月末、緑あふれる風景を求めて初夏の銚子電鉄を訪問。まずは犬吠駅近辺で、キャベツ畑の横を走る列車を撮影したり、銚子名産の海鮮料理をいただいたりしました。

久しぶりの遠出。初夏の小湊鐵道へ

5月下旬、短時間でしたが小湊鐵道を訪ねました。草や土の匂い、田植えの終わった田園の中を走る気動車。久々の緑豊かな風景を堪能してきました。

日田彦山線BRT復旧案について考える (2)気仙沼線・大船渡線との比較

2017年の被災以降、復旧に向けての協議が続けられ、BRTでの復旧で合意する方向と報じられた日田彦山線・添田~夜明間。 BRT化について、気仙沼線・大船渡線の事例と比較検討してみました。

日田彦山線BRT復旧案について考える (1)ルート図を作ってみた

2017年の被災以降、復旧に向けての協議が続けられ、BRTでの復旧で合意する方向と報じられた日田彦山線・添田~夜明間。 そもそもどういった路線なのか、鉄道・代行バス・BRT案をまとめたルート図を作成してみました。

気仙沼線BRT・大船渡線BRTを追った半年間 (5)趣味としての鉄道とバスの壁

前回、交通体系としての鉄道とバスの壁、ということを書きましたが、それに続いて、趣味としての鉄道とバスの壁、そして今後目指していることについて書いてみました。

気仙沼線BRT・大船渡線BRTを追った半年間 (4)交通体系としての鉄道とバスの壁

初めて気仙沼線BRTに乗車した経験から意識するようになった、交通体系としての「鉄道とバスの壁」について書いてみました。

気仙沼線BRT・大船渡線BRTを追った半年間 (3)「被災地を観光する」ということ

震災から9年たった今も、まだ復興が続く三陸沿岸。「被災地を観光する」ということについて、自分なりに心に留めておいたことをまとめてみました。

気仙沼線BRT・大船渡線BRTを追った半年間 (2)どうやらJR東日本は本気らしかった

気仙沼線BRTに初めて乗車した時、清水浜駅付近で専用道のために再建されていた橋梁を見て、「JR東日本は本気でBRTという輸送サービスを作り上げようとしている」と気づきました。

気仙沼線BRT・大船渡線BRTを追った半年間 (1)1/9以上を三陸で過ごした日々

2019年10月~2020年3月の間、計22日に渡って三陸で過ごし、主に気仙沼線BRT・大船渡線BRTを撮影しつつ、沿線各地を訪ねたりしていました。その行動を振り返ります。

JR福知山線脱線事故 その教訓と取り組みの事例について

今日は、2005年の福知山線脱線事故から15年目。当時、事故から少し経った日に撮影した写真とともに、事故の教訓とそれを受けた取り組みについて振り返ります。

JR大船渡駅前「復興の火」イベントの日

2020年3月23日、後で延期が決まった東京オリンピック聖火リレー関連イベントの「復興の火」の展示が、JR大船渡線BRTの大船渡駅前で行われました。

札沼線の最終運行繰り上げ/理性と自制心で家にとどまろう

JR北海道の札沼線(北海道医療大学~新十津川)の最終運行日が繰り上げられました。あわせて、沿線の町外からの来訪自粛が要請されています。

大船渡線BRTから気仙沼線BRTへの直通運転

2020年3月14日のJRダイヤ改正から始まった、大船渡線BRTから気仙沼線BRTへの直通運転。平日限定のこの便に乗る機会があったので、その模様をお伝えします。

三陸の早春~気仙沼線BRT・大船渡線BRTの沿線から

3月下旬の三陸は、春が訪れ、花が咲き出す様子が見られました。 そんな気仙沼線BRT・大船渡線BRTの沿線風景をまとめました。

JR常磐線、ついに全線運転再開 (4)新たなる日常、新たなる特急ひたち

2020年3月14日、ついにJR常磐線が全線で運転を再開。その翌日は富岡から仙台へ向かい、折り返して上野まで特急ひたちに乗車しました。

JR常磐線、ついに全線運転再開 (3)常磐線再スタートの1日

2020年3月14日、ついにJR常磐線が全線で運転を再開。早朝の一番列車の発車から、地元の方々の歓迎、そして特急ひたちの通過まで見届けました。

JR常磐線、ついに全線運転再開 (2)常磐線代行バス・もう1つのラストラン

2020年3月14日、ついにJR常磐線が全線で運転を再開。ダイヤ改正前日、運行を終了した常磐線代行バスの1日を見届けました。

JR常磐線、ついに全線運転再開 (1)651系のラストラン

2020年3月14日、ついにJR常磐線が全線で運転を再開。今回はダイヤ改正前日、常磐線でのラストランを迎えた651系です。

岩手県陸前高田市・高田松原津波復興祈念公園を巡る

陸前高田市に2019年9月に一部オープンした「高田松原津波復興祈念公園」。 複数の震災遺構の他、道の駅、津波伝承館、追悼・祈念施設で構成される、陸前高田の一大観光拠点と言えます。

宮城県気仙沼市「リアス・アーク美術館」で震災の記録を見る

気仙沼市の郊外にある「リアス・アーク美術館」では、震災から約2年間で撮影した写真や収集した資料を中心とした常設展示を行っています。 以前から気になっていたのですが、2月下旬、ようやく訪ねることができました。

宮城県東松島市・高台移転したJR仙石線野蒜駅へ

JR仙石線の野蒜(のびる)駅は、震災後に高台に移転して営業を再開しましたが、旧駅舎とホームは震災伝承施設や震災遺構として残されています。訪ねてみたところ、予想外の展開に……。