君と、A列車で行こう。

鉄道とシミュレーションゲーム「A列車で行こう9」を中心に綴るブログ。当面、東北地方太平洋沿岸の訪問をメインにしています。

「ドラマはこうして作られる」~『おかえりモネ』トークイベント:(2)ドラマの道具などの展示

2022年11月3日に宮城県気仙沼市で開催された、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』に関するトークイベントに参加してきました。イベントに合わせて、ドラマの小道具などの展示が行われました。

「ドラマはこうして作られる」~『おかえりモネ』トークイベント:(1)イベント本編

2022年11月3日に宮城県気仙沼市で開催された、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』に関するトークイベントに参加してきました。

2022年の三陸花火(三陸花火大会・三陸花火競技大会)

2022年の春・秋に岩手県陸前高田市で開催された、三陸花火大会、三陸花火競技大会について書きました。

気仙沼の初冬の絶景、気嵐の出た朝のこと

2021年10月、気仙沼湾を覆う「気嵐」を見た記録です。

全線で運行を再開したアルピコ交通上高地線へ

昨年8月の豪雨被害から復旧し、6月10日に全線での運行を再開したアルピコ交通上高地線を訪ねました。

「鉄道」という重荷の行方~後編:「JRが運営するBRT」は救世主になるのか

最近、ニュースとして盛んに報じられている鉄道ローカル線の問題について、考えたことをまとめてみました。今回は、気仙沼線・大船渡線BRTが示した可能性とデメリットの話です。

「鉄道」という重荷の行方~前編:鉄道の必要性についての概論

最近、ニュースとして盛んに報じられている鉄道ローカル線の問題について、考えたことをまとめてみました。

2021~2022年冬のイルミネーション (4)福島県双葉郡を訪ねて(富岡町編)

昨年12月、福島県双葉郡の各地で行われたイルミネーションを見に行きました。今回は富岡町編。夜ノ森駅周辺と富岡駅周辺を巡りました。

2021~2022年冬のイルミネーション (3)福島県双葉郡を訪ねて(双葉町編)

昨年12月、福島県双葉郡の各地で行われたイルミネーションを見に行きました。今回は双葉町編。産業交流センターと双葉駅前の2か所を巡りました。

JR大船渡線BRTルート図(2022年3月現在)

JR大船渡線BRT(気仙沼~盛)のルート図。2022年3月版。BRT専用道と一般道、BRTとして利用できるミヤコーバス路線(BRT区間全バス停掲載)を色分けし、旧鉄道線ルートもあわせて表示。2022年3月12日のダイヤ改正まで反映。

JR気仙沼線BRTルート図(2022年3月現在)

JR気仙沼線BRT(前谷地~気仙沼)のルート図。2022年3月版。前谷地~柳津の鉄道線の他、BRT専用道と一般道を色分けし、旧鉄道線ルートもあわせて表示。2022年3月12日ダイヤ改正まで反映。

2021~2022年冬のイルミネーション (2)福島県双葉郡を訪ねて(浪江町編)

昨年12月、福島県双葉郡の各地で行われたイルミネーションを見に行きました。今回は浪江町編です(ただし夜にはなりません)。

2022年3月12日 気仙沼線BRT・大船渡線BRTダイヤ改正が発表に

毎年恒例(?)のBRTダイヤ改正記事。 気仙沼線BRT・大船渡線BRTにて、2022年3月12日にダイヤ改正が行われることが発表になり、その内容についていろいろと書きました。

2021~2022年冬のイルミネーション (1)気仙沼・内湾のクリスマスツリー

宮城県気仙沼市の内湾で、冬に海に浮かぶ青いクリスマスツリーを見に行きました。

気仙沼線・大船渡線BRT 今春開業する新駅と、新規BRT専用道の動き

気仙沼線BRT、大船渡線BRTの最近の動きである、今春開業予定の3駅の状況や、新しく供用開始されたBRT専用道の様子を見てきました。

「おかえりモネ」が描いたこと、そして鉄道とBRTについて

2021年度前期のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」は、全体を通して様々なメッセージを視聴者に投げかけるものでした。そこで描かれたことを通して、ドラマにも登場したBRTと鉄道とのことについて考えてみました。

気仙沼線BRT・大船渡線BRTの将来について

2年ほど前、JR東日本のBRT路線について、ほとんど書きあがった状態でなぜか放置していたのを公開することにしました。

「おかえりモネ」の舞台を訪ねて (12)東京編のロケ地巡り~築地・晴海界隈と明神湯

NHKの連続テレビ小説「おかえりモネ」の東京編ロケ地(築地・晴海界隈、明神湯)やその周辺を訪ねました。

「おかえりモネ」の舞台を訪ねて (11)東京編のロケ地巡り~隅田川を下る水上バス

NHKの連続テレビ小説「おかえりモネ」の東京編で、最初に登場した水上バス「東京水辺ライン」に乗船しました。

「おかえりモネ」の舞台を訪ねて (10)気仙沼の2つの「おかえりモネ展」

NHKの連続テレビ小説「おかえりモネ」の舞台の1つである宮城県気仙沼市で、7月になって始まった2つの「おかえりモネ展」を訪ねました。

東京オリンピック聖火リレー 気仙沼市・南三陸町にて

2021年6月19日、宮城県の気仙沼市・南三陸町で行われた東京オリンピック聖火リレーを訪ねました。

「おかえりモネ」の舞台を訪ねて (9)気仙沼の内湾地区と大島へ

2021年5月17日から放送が始まったNHKの連続テレビ小説「おかえりモネ」。登米市と並ぶ舞台である宮城県気仙沼市のロケ地を訪ねました。

「おかえりモネ」の舞台を訪ねて (8)登米町のおかえりモネ展とロケ地訪問

2021年5月17日から放送が始まったNHKの連続テレビ小説「おかえりモネ」。その最初の舞台となる登米市のロケ地や「おかえりモネ展」を訪ねました。

「おかえりモネ」の舞台を訪ねて (7)気仙沼と登米、海と山を結ぶ気仙沼線BRT

2021年5月17日から放送が始まったNHKの連続テレビ小説「おかえりモネ」。その中で予想外に気仙沼線BRTが登場したということで雑感を綴りました。

JR気仙沼線BRT・大船渡線BRT 信号・待避所の配置図(2021年3月現在)

JR東日本の気仙沼線BRT・大船渡線BRTの専用道に存在する信号、待避所の配置図を駅間ごとにまとめました(2021年3月時点)。

震災10年つれづれ (4)帰還困難区域と隣り合わせの町の誇り。夜ノ森の桜並木へ

福島県富岡町の夜ノ森の桜並木を訪ねました。帰還困難区域と隣り合わせの見事な桜のトンネルに、町の誇りと、そこに託した人々の思いを感じた経験でした。

桜並木と菜の花が織りなす幻想の世界。埼玉県熊谷市「熊谷桜堤」へ

桜の名所の一つ、埼玉県熊谷市の「熊谷桜堤」について紹介します。JR・秩父鉄道の熊谷駅から徒歩6分と手軽に訪ねることができます。

JR大船渡線BRTルート図(2021年3月現在)

JR大船渡線BRT(気仙沼~盛)のルート図。2021年3月版。BRT専用道と一般道、BRTとして利用できるミヤコーバス路線(BRT区間全バス停掲載)を色分けし、旧鉄道線ルートもあわせて表示。2021年3月13日のダイヤ改正まで反映。

JR気仙沼線BRTルート図(2021年3月現在)

JR気仙沼線(前谷地~気仙沼)のルート図。2021年3月版。前谷地~柳津の鉄道線の他、BRT専用道と一般道を色分けし、旧鉄道線ルートもあわせて表示。2021年3月13日ダイヤ改正、3月28日の大谷海岸駅移転まで反映。

震災10年つれづれ (3)気仙沼線BRTの鉄道転換の可能性はあるのか

気仙沼線(柳津~気仙沼間)の鉄道事業廃止の際、気仙沼市長は「遠い将来における気仙沼線の鉄路での復活の可能性を今後も残すこと」を確認したとコメントしていました。 本当に復活の可能性があるのか、ということをいろいろと書いてみました。