君と、A列車で行こう。

鉄道とシミュレーションゲーム「A列車で行こう9」を中心に綴るブログ。

ニコニコ動画の「A列車で行こう」動画を適当に評価してみる 6/29〜6/30

ニコニコ動画の「A列車で行こう」関連の動画を、個人的視点で適当に評価するエントリー。
今回は、6/29〜6/30に公開された動画を順不同で。


[評価項目]

  1. 動画構成…時間配分、起承転結等、構成の観点からの評価
  2. 動画技術…画質・音質、エフェクトのかけ方、などの技術的視点からの評価
  3. A列車的面白さ…コンテンツのうち、A列車のプレイ内容についての評価
  4. 演出面での面白さ…A列車以外の部分や、プレイの演出方法、BGMなどについての評価
  5. 好み度…シンプルに、どれぐらい気に入ったか、という評価


すべて10点満点で、5点を中心とした加点・減点評価。特に目立つところがなければ5点になります。


いろいろな理由で、記載していない動画もありますので、ご了承ください。
箇条書きのところには、動画を見ながら感じたことを、特に整理せず書き連ねています。


あくまで、自分にとってどうだったか、を評価するものです(評価基準)。世間一般の評価とは大いにズレがあるかと思いますので、その程度のものということでご覧ください。
動画作成者の方々は、ここに書いたことを参考にするもしないも自由です。どのみち、万人に受け入れられる動画などあり得ませんので。



A列車で行こう8】新鳩急電鉄開発日誌 8号車

  1. 動画構成 7/10
  2. 動画技術 7/10
  3. A列車的面白さ 5/10 
  4. 演出面での面白さ 5/10
  5. 好み度 7/10
  • 麦線なのに全体的にいつものキレがないように感じられるのは、作者のテンションが低いせい?
  • 心情は察するものの、やはりBGMにマイケル特集は無理があったような。どうせなら夜の風景でやってみるとか、紙テープも黒にしてみるとか、フォントも丸ゴシックをやめるとか、画面を変えてみるとよかったかも? 画面の雰囲気を崩してまでやりたくない、と言われればそれまでですが。
  • コメント返答時の「コメントを上からスクロールダウン/返答を紙テープ」という形も、いろんな人がやるようになって「またか」感も。まあ、こんなところを凝っても仕方ないとは思いますが。WMMはどうしても、「どこかでみたことがある」演出になりがち。

赤地支社 第一回 株主報告

  1. 動画構成 6/10
  2. 動画技術 3/10
  3. A列車的面白さ 8/10 
  4. 演出面での面白さ 6/10
  5. 好み度 6/10
  • 文字エフェクトの使い方…効果的な使い方は慣れて覚えてほしい。自分もまだまだだけど。だいぶ時間がたって、客観視できるぐらいになってから見返してみると、いろいろ気づくことがあるかと思います。
  • 路線名が似てるとか、しょうもないことを気にしすぎ。もっと自分の作品の独自性を主張すればいいのに……。
  • 「ハッテン」はもう誰も面白いと思ってないのでは。
  • ポイント敷設に悩むさまは面白かったです。
  • 「くろじか〜はむり〜じやない」はツボった。次駅は「鴨(かも)」とかになるんでしょうか。と思ったら同じような米多数
  • SUDOは微妙……。
  • 全体として好感は持てるので、今後経験を詰んで頑張ってもらいたく。
  • スマ鉄加入を打診してるらしいけど、芸風が違いすぎるんじゃないでしょうか。というか、スマ鉄の名前を借りて何をやりたいのかが見えない。それは、ニコ鉄に参入する他の方にも感じることですが。いずれにせよ今後の展開に期待してみたいと思います。