君と、A列車で行こう。

鉄道とシミュレーションゲーム「A列車で行こう9」を中心に綴るブログ。当面、東北地方太平洋沿岸の訪問をメインにしています。

気仙沼線BRT・大船渡線BRT関連エントリーまとめ

f:id:katayoku_no_hito:20200112064628j:plain

大船渡湾の朝焼けを行くBRT。2020年1月12日撮影(細浦~大船渡丸森間)

本記事は、東日本大震災での被災後、鉄道からBRT(Bus Rapid Transitバス高速輸送システム)へ転換した気仙沼線BRT・大船渡線BRTに関する、このブログでのポータル的な位置づけで作成しています。

普通は訪問した場所については旅行記として書いているのですが、これらのBRT路線については資料的な記事も作成しており、情報を集約するためのものです。

このページ、およびリンクするコンテンツについては随時更新していきます。

BRTルート図

不定期に更新している気仙沼線BRT・大船渡線BRTのルート図。

初めてBRTに乗った後、「鉄道は線としてルートが地図に描かれるのに、同じ路線がバスになった途端に、バス停しか載らなくなるのはおかしいんじゃない?」という疑問があり、鉄道のようなルート図として作成してみようと考えたのがきっかけです。

  • BRTがどこをどう走っているのか
  • どの部分が専用道で、どの部分が一般道なのか
  • 鉄道線と比べてルートがどう違っているのか

といったことを把握したいと思い、作成しています。

最新のルート図は下記になります。

気仙沼線BRT

大船渡線BRT

作成を開始したのは2019年5月ですが、ルート変更などで古くなったルート図の記事も、アーカイブとして残す意味はあると思いますのでそのままにしてあります。末尾のカテゴリ記事一覧からご覧ください。

撮影地データベース

「BRTを撮ってみたい!」という方のために、撮影場所と作例をまとめているものです。参考として最寄駅からの徒歩ルートや、訪問して気づいたことなども紹介しています。

a-train.hateblo.jp

a-train.hateblo.jp

いざ撮ってみようと思い立った時、困ったのはどこでどう撮れるのかがさっぱりわからないことでした。

鉄道時代の撮影場所の情報はあっても、そこは震災でどう変わっているのかわからない。

Googleストリートビューで見てみても、撮影時期が2013年とか古いものが多く、BRT専用道ができたり、復興事業が進んだりした今ではどうなっているのかよくわからない。

そこで、実際に撮影した情報をまとめておけば、「こんな風景があるなら撮ってみたい」「こんなヘボには任せておけない」と思う方ももしかしたら出てくるのではないか、と期待したりしています。

沿線訪問記

南三陸町

気仙沼市

陸前高田市

大船渡市

なぜ気仙沼線BRT・大船渡線BRTに注目するのか

以下の記事にまとめてみました。

 

その他の記事

その他の記事については、専用カテゴリを設けていますので一覧からご覧ください。

a-train.hateblo.jp