君と、A列車で行こう。

鉄道とシミュレーションゲーム「A列車で行こう9」を中心に綴るブログ。

8000系天国 東武東上線・越生線

a-train.hateblo.jp

川越特急で池袋から終点の小川町まで乗車した後、東武東上線の残りの区間(小川町~寄居)と、坂戸~越生間の越生線にも乗りに行きました。

東京で見る東武鉄道のイメージとは全く違った世界が、そこにはありました(ちょっと大げさ)。

そこで出会った車両の写真をまとめて貼り付けておきます。

f:id:katayoku_no_hito:20190331110307j:plain

東武東上線 小川町~寄居間を走る、スタンダードな8000系編成

f:id:katayoku_no_hito:20190331112906j:plain

寄居駅。奥には秩父鉄道の駅が、そしてさらに奥にはJRの駅が。

f:id:katayoku_no_hito:20190331124550j:plain

越生線を走る、「フライング東上」再現塗装の編成

青い鳥号というのは、昔、東上線を走っていた有料特急の列車名だそうですね。

 

f:id:katayoku_no_hito:20190331125052j:plain

越生線を走る、昔のセイジクリーム塗装の編成

Wikipediaによれば、塗装簡略化のための単色化だったものの、「下塗りのまま」と言われたり、汚れが目立ったりで不評の声もあったそうで。

今ではこうして、昔を懐かしむ塗装として再現されるのですからわからないものですね。

f:id:katayoku_no_hito:20190331125458j:plain

越生駅で並ぶ東武とJRの車両

こうして並んでみると、直線的なキハ110系対丸みを帯びた柔らかめの8000系、という違いはありますが、貫通扉の両側の窓枠部分を黒くするとか、なんとなく似ている点もあるような気がします。

f:id:katayoku_no_hito:20190331125508j:plain

越生駅を出発するJR八高線の列車

f:id:katayoku_no_hito:20190331130057j:plain

8000系登場初期の塗装を再現した編成

この区間は、当日急に予定を変更して来たこともあり、乗りつぶし達成のために淡々と乗るつもりでいたのですが、思いもよらずいろいろな編成に出会うことができ、楽しい往復になりました。

 

※2019/6/8 写真1枚追加しました(越生駅東武・JRの並び)