君と、A列車で行こう。

鉄道とシミュレーションゲーム「A列車で行こう9」を中心に綴るブログ。

「品川新駅」は「高輪ゲートウェイ」に

田町~品川駅間の新駅の駅名決定について(JR東日本Webサイト)
http://www.jreast.co.jp/press/2018/20181201.pdf

駅名を公募していたことで話題になった、田町~品川間のいわゆる「品川新駅」は、「高輪ゲートウェイ」という駅名に決まりました。

 

個人的には、「品川新駅」という仮称や、再開発地区の「グローバルゲートウェイ品川」というプロジェクト名から、品川区の北にある品川駅のさらに北にもかかわらず、なぜかしつこく「品川」が入るのではないか、という危惧があったので、そうでないことにホッとした、という感想です。

 

f:id:katayoku_no_hito:20181204234108j:plain

縁がある写真がなかったので、新橋駅前SL広場のイルミネーションで。

 

この件、否定的な反応が溢れかえっているらしいのが結構意外でして。

まず、公募で「高輪ゲートウェイ」が130位だったのになぜ選んだのか、という点。

これは、以前に名称募集というもの - 君と、A列車で行こう。で書いた通り、この手の名称募集は、本気で名前を決めてもらうための募集ではなく、対象となる物事に関心を持ってもらい、認知度を高めるための仕掛けに過ぎないことを理解していれば、まったく的外れな批判だとわかります。

 

次に、駅名そのものがダサい、気に入らない、という意見。

今回の新駅は、単に周辺人口が多く利用者が見込めるから、というものではなく、前述の「グローバルゲートウェイ品川」という特定のコンセプトにもとづく大規模再開発の一環であり、その玄関口となる駅なので、コンセプトを表現する駅名になるのは自然なことのように思えます。

そもそも、そういう駅でありながら、「高輪」のようなシンプルな駅名になると予想する方が困難だったのではないでしょうか。

カタカナ混じりの駅名になることに対する違和感を表明する意見も見られますが、では、周辺にカタカナ混じりの駅名はいったいいくつあるのか。

山手線の新駅「高輪ゲートウェイ」が爆誕! しかし奴は我ら四天王の中でも最弱....(Buzzfeed Japan)

こういうネタになるぐらいに、周辺にも日本全国にも、カタカナ混じりの駅など今や珍しくもなく、何をいまさら……という感じです。

例えば、大型時刻表の「東京付近拡大図」の中でも、

などと(途中で飽きた)、もうすでにおなじみの駅名も含めて、枚挙にいとまがありません。

なので私としては、この駅名にはちっとも驚かないけど、それに対する反応が予想外過ぎてびっくりした、というのが今回の感想になります。