君と、A列車で行こう。

鉄道とシミュレーションゲーム「A列車で行こう9」を中心に綴るブログ。

廃線の悲哀

このゴールデンウィーク前後、大好物な動画が次々と公開されましてですね。
書こう書こうと思いながら、リアル都合だったり自分の動画作ってたりでなかなかできなかったのですが、ぼちぼちと書いていきたいと思います。


まずは「廃線」をテーマにしたこちら。

BGMは「旅の途中」のリベンジですね。以前、下記の動画で同じ曲で制作されていたのですが、画面切り替えのタイミングが曲と合わずに少し消化不良になってしまっていたことがありました。

今回の動画は本当に素晴らしいです。数々の小道具や少し凝った演出が、廃線の悲哀をこれでもかとばかりに描き出す力作でした。

  • 随所に登場する、JR時刻表風の路線図
  • 乗客の少なさの描写をところどころに織り交ぜながら進む物語
  • 交換設備の撤去といった、路線の衰退の表現

ストーリーとしては、モータリゼーションの影響を受けた貨物輸送廃止と旅客輸送の激減といういわば王道なのですが、それだけに共感を覚える人も多いのではないでしょうか。

特に、前半をオフボーカルで淡々と路線のストーリーを追い、ついに廃線が決定したというくだりで一気にコーラスを入れて盛り上げる演出が凄い。鉄道がいつの間にかバスに置き換わっているというエンディングまで、圧巻の展開でした。


最初見た時、テキストが少し甘い、という印象があったのです。誤字脱字だったり、もう少し練りこめるなあと思える表現だったり。それはそうなのだけど、この記事を書くために見返してみたら、そんな些細なことはどうでもいいように思えました。