君と、A列車で行こう。

鉄道とシミュレーションゲーム「A列車で行こう9」を中心に綴るブログ。

いたずらな空・誰かが見る違う空

はてなブログ今週のお題「空の写真」に寄せて。

昔聞いた言葉なのですが、「空はタダで見られる芸術」とはよく言ったもので、いろいろな美しい空を見てきました。

ただ、ここでは単に美しいだけではなく、印象に残った空の景色をいくつか挙げてみたいと思います。

いたずらな空

何度か記事に書いている話なので、ずっと見ていただいている方には「またか」という感があるかと思いますが、お題向けということでご容赦をいただければ。

f:id:katayoku_no_hito:20170528094519j:plain

富士急行河口湖駅。午前中に初めて見た時の写真

f:id:katayoku_no_hito:20170528163759j:plain

同じ富士急行河口湖駅。夕方の帰宅時の写真

普通に優雅な駅だと思っていたら、実は背後に富士山がいたなんて! という。富士山はいろいろな場所から何度も見たことがありますが、その中でも最もサプライズな経験でした。

誰かが見る違う空

f:id:katayoku_no_hito:20190616134443j:plain

坂本ケーブルケーブル延暦寺駅からの琵琶湖の風景

「こっちは晴れているのに向こうは雨が降っている」というような空を見るのが結構好きです。同じ空なのに、向こうはこっちとは違う思いで見ているんだろうなあ、という、その感覚が楽しいのです。

この日は天気が不安定で、手前側(雄琴堅田付近)は日が差しているのに、北の方は雨で何も見えない、という対照的な景色になっていました。