君と、A列車で行こう。

シミュレーションゲーム「A列車で行こう9」を中心に綴るブログ。

プレビュー「空と海と大地と紡がれし鉄道」について

こちらの動画の制作後記的なものを書きたいと思います。

サブタイトルは某有名RPGから

動画を企画する段階からずっと頭を離れなかったフレーズで、最初はこれをシリーズ全体のタイトルにすることも考えていました。

ただ、元ネタがあくまで「ドラゴンクエストVIII」というメインタイトルに対するサブタイトルだし、果たしてこのタイトルにした時、今後どう呼べばいいのか……という疑問もあって、最終的にはこの動画のサブタイトルにする形に収まりました。

「Island Railroad」という名称自体は動画編集の最後の方で、タイトルを出す段階になってひねり出したものです。インスピレーションがないまま固有名詞を考えるのは苦手です。

日本語のタイトルをいろいろ考えてみたり、その後は「Island Railway」という名前が出てきたのですが、それだと鉄道会社の名前っぽいし、「Railroad」にする方が、「アイランレイロー」と音のリズムもよくなる気がして、最後の最後で差し替えをしました。

A列車動画の作り方を忘れてた

ほんとに何もかも忘れてました。

プレビューモードの使い方。

書き出したBMPファイルを動画に変換する方法。

そして、どうやって動画制作そのものを推進していけばいいのかということ。

操作方法はまあいいとして、何を基準に映像を選んで、音をどうやって選んで、それらを組み合わせていけばいいのか、最初は途方に暮れていました。

とりあえず、BGMを探していろいろと聴いてみて、琴線に触れた「甘茶の音楽工房」の曲をAviUtlの拡張編集のタイムラインに置いてみました。

amachamusic.chagasi.com

 

その瞬間、一気に道が開けた感じがしました。

後は単純なことで、楽曲が提示する起承転結に合わせて動画自体の構成を考え、それにマッチする映像を撮ればいい。

そうして、

  • 舞台設定の簡単な紹介
  • 主なエリアの紹介
  • タイトルの提示

という流れが自然とできていったのでした。

 

HRプロジェクトのつづき、ではないです

もはや気づく人もいないと思いますが、「手羽崎」(てばさき)という駅名は、HRプロジェクトの第6回で紹介した特急の、マップ外での停車駅として紹介した駅名です。

そして、動画中にはその特急「イエローウェーブ」と同じ、近鉄23000系6両編成も登場します。

実のところは、HRプロジェクトの続きというか、別マップとして作る案も最初はありました。

ただ、そのつづきになる部分(島の対岸の部分)を作っているうちにどんどん設定がかけ離れていったので、HRプロジェクトとは切り離すことにしました。

それでも、HRプロジェクトの時に考えていた駅名が残っていたり、その時にマップ外に出て行ってた車両がこちらにもいたりするのですが、影響を受けつつもあくまで別物として見ていただければと思います。