君と、A列車で行こう。

鉄道とシミュレーションゲーム「A列車で行こう9」を中心に綴るブログ。

新しい環境で動画作成

久しぶりの更新となりましたが。

1週間前にPCを交換いたしまして。直接の原因は、前のPCのグラボのファンが以前から調子が悪く、冬場はどうもなかったのですが、春になって暖かくなってくると、排熱ができないせいでPCの動作が突然停止するということが頻発しだしたのですね。

そのままグラボだけ交換できればよかったのですが、現行モデルに交換するには電源が貧弱すぎ、そして電源を交換するためにはマザーボードを含めて総外しが必要……それならいっそ新しいPCにしてしまえ、というのが経緯です。


けっ、決してA9の動画を作るためにパソコンを変えた訳じゃ……!


で、一応移行は終わったのですが、無駄にハイスペックになってA9を普通に録画できるようになったり、AviUtlを入れなおしたりしたため、とりあえず肩慣らしとして単純な走行シーン動画を作ってみました。

【A列車で行こう9】水辺の都市 The City Reflected on the Water by 片翼の人 ゲーム/動画 - ニコニコ動画


この動画で使ってるマップですが、
最近 - A列車でニコニコと(2010/6/13)
生存報告的な何か - A列車でニコニコと(2010/4/24)
とかでちょろっと進行報告をしていたものになります。


マップの特徴として、水面が多いということがありまして。
以前は水面を「低」設定でプレイしていたので気づかなかったのですが、PCが変わって「高」設定にしてみると、水面に反射する夜景がとても綺麗だったのです。それで、動画的にも見栄えがするだろうということで、今回の試し斬りの材料としてみました。

ダイヤ的に言うと、途中の「海老名古屋」駅にて1面2線のホームで片道毎時6本の列車を捌いており、その頻度の列車密度が前後4駅間にわたって続いているという特徴があります。ほぼ限界まで詰め込んでいるのですが、動画ではあまり過密な感じはしないかもしれないですね。


とりあえず、肩は温まったので、次は箱庭動画プロジェクトの方に取り掛かっていきたいと思います。