君と、A列車で行こう。

鉄道とシミュレーションゲーム「A列車で行こう9」を中心に綴るブログ。

JR東日本

駅を支える方々 JR銚子駅にて

JR銚子駅にて、ICカードリーダーを掃除されている方を見かけて一枚。乗務員や駅員だけではなく、こうした方々にも、鉄道を快適に利用させていただいている感謝の念を持たなくては、と思いました。

甲信越「週末パス」の旅 (8)大糸線 特急あずさで移り行く絶景を堪能

JR東日本の「週末パス」を利用して甲信越を巡る1泊2日の旅。1日1本の南小谷行き特急あずさ号で、松本から大糸線の車窓を堪能しました。

「きらきらうえつ」を追って (4)引退迫る新潟地区キハ40系との出会い

快速「きらきらうえつ」に乗るために、山形県の余目駅まで向かった際の旅行記。引退が迫る新潟地区のキハ40系で、2つの編成に出会うことができました。

「きらきらうえつ」を追って (3)羽越本線脱線事故の慰霊碑を訪ねる

快速「きらきらうえつ」に乗るために、山形県の余目駅まで向かった際の旅行記。余目駅へ到着後に少し時間があったので、足を延ばして羽越本線脱線事故の慰霊碑を訪れました。

「きらきらうえつ」を追って (2)白新線・羽越本線 城下町の駅と日本海の絶景

快速「きらきらうえつ」に乗るために、山形県の余目駅まで向かった際の旅行記。城下町をイメージしたデザインの新発田駅から、特急「いなほ」で日本海の絶景を眺めつつ余目へ向かいました。

日本三大車窓・姨捨 その車窓のダイナミズム

「日本三大車窓」に数えられるJR篠ノ井線・姨捨駅付近の眺望。その雄大な風景だけではなく、列車に乗っているからこそ堪能できる車窓のダイナミックな変化について紹介します。

甲信越「週末パス」の旅 (6)「日本三大車窓」の姨捨駅で夕景を堪能

JR東日本の「週末パス」を利用して甲信越を巡る1泊2日の旅。1日目の最後は「日本三大車窓」ともいわれる姨捨の夕景を堪能しました。

まだチャンスはある? 快速「きらきらうえつ」乗車記

今年9月末で定期運行を終了する快速「きらきらうえつ」に、運よく乗車できてしまった乗車記。車内やオリジナル弁当の紹介、列車の醍醐味となる日本海の絶景など。

甲信越「週末パス」の旅 (3)八ヶ岳から浅間山へ 雄大な風景を駆ける小海線

JR東日本の「週末パス」を利用して甲信越を巡る1泊2日の旅。小淵沢から小諸まで、小海線で八ヶ岳や浅間山の風景を堪能してきました。

甲信越「週末パス」の旅 (2)中央線特急あずさで小淵沢へ

JR東日本の「週末パス」を利用して甲信越を巡る1泊2日の旅。新宿を出て、中央線の特急あずさで小淵沢へ向かいました。

甲信越「週末パス」の旅 (1)旅の概要について

JR東日本の「週末パス」を利用して甲信越を巡る1泊2日の旅。まずはその概要を紹介します。

分断された鉄路 奥羽本線新庄駅

2017年夏、予定外に奥羽本線の新庄駅にやってきた時に目にした、標準軌と狭軌で分断された駅構内の風景。

快速「おいこっと」で秋の飯山線へ

2017年秋、JR飯山線で運転される観光列車「おいこっと」に乗車した際の記録。のどかな「ふるさとの里山」の風景を眺めながら進んでいきます。

青空に響く音色、そしてSLの汽笛 信越本線・SLレトロ碓氷号

2017年6月、横川駅から「SLレトロ碓氷」(現・SLぐんまよこかわ)に乗車した際の記録。横川駅では、高校生の和太鼓の演奏が出迎えてくれました。

都心の夕暮れを駆けるE353系 JR中央線・神田~御茶ノ水間

御茶ノ水駅東側の昌平橋から、特急「はちおうじ」送り込みのE353系を流し撮りしたもの。夕暮れの空気感を出そうと、ホワイトバランスや露出を変えたりしています。

チョコレート・トレイン JR中央線・神田~御茶ノ水間

2019年6月、御茶ノ水駅東側の昌平橋付近から、夕陽に照らされる中央線快速電車を撮影した一枚。中央線のオレンジのライン、夕陽の光、そしてレンガ造りの高架橋が一つの色に溶け合うような景色。

光の世界へ向かう列車 JR総武線・御茶ノ水~秋葉原間

2019年6月、御茶ノ水駅東側の昌平橋から、総武線各駅停車の列車を撮影した一枚。ほのかに赤く光る空と輝く川の向こう、光の世界に向かうような一枚。

出かけようアドベンチャー JR青梅線・奥多摩駅

2018年4月、奥多摩湖の花見で訪れた奥多摩駅にて。急カーブを描くホームと奥にそびえる山の立体感がそれなりに収まっている1枚。

万世橋のトワイライト JR中央線・神田~御茶ノ水間

2019年8月、JR中央線の旧万世橋駅付近から撮影。シャッタースピードを遅くしたことで、美しい夕暮れの空と合わせてなんとなくロマンチックな雰囲気になった一枚。

銚子電鉄の「今」を訪ねて (1)雨の銚子駅

2019年夏、銚子電鉄を訪問した際の記録。雨の中、昔と変わった点なども比較しながら、銚子駅構内を見て回ります。

JR気仙沼線BRTルート図(2019年7月現在)

JR気仙沼線(前谷地~気仙沼)のルート図。2019年7月版。前谷地~柳津の鉄道線の他、BRT専用道と一般道を色分けし、旧鉄道線ルートもあわせて表示。

2017年夏の女川 初めて降り立った津波の被災地

2017年7月、東日本大震災の津波被災地に初めて降り立った、女川駅前での記録。

仙石東北ラインと石巻線 震災後に生まれた輸送ルート

2017年7月、仙石東北ラインと石巻線(石巻~女川)に初乗車した際の記録。女川までの直通運転も、仙石東北ラインでハイブリッド気動車が採用された副産物でした。連絡線部分の写真、仙石東北ラインや震災の影響についての考察等。

2017年夏の常磐線 7年目の現実を見た

2017年7月の、東京~女川間往復日帰りという強行日程。そのうち常磐線全線(竜田~原ノ町間は代行バス)を乗り通した記録と、初めて目にした被災地で突き付けられた現実。

日本三大車窓・姨捨の夜景

※本記事の写真は2014年8月のものです。 姨捨駅からの善光寺平の夜景 日本三大車窓として知られる姨捨には、以前、「昼も夜も行くべき」と言われて、実際これまで両方見たことがあります。 今回の記事は夜景の方。カメラがヘボいので、撮影後に明るさを上げる…

「山手線にスシローつくろーぜ!」ラッピング列車

何度か見ていたラッピングですが、寿司の絵の背景がレーンになっているのに気づきました。 なんか複数編成走っているようで、乗る駅でも降りる駅でも見かけることがあります。すごい勢いですね。 www.akindo-sushiro.co.jp 山手線の駅となると、場所によって…

E235系 「中央線の旅」プロモーションラッピング車

E235系の「中央線の旅」ラッピング車。秋葉原駅にて 2019年5月26日~6月15日限定のラッピング車。色鮮やかなラッピングが印象的です。 一部のメディアでは「ホームドアで見えないじゃん」とか指摘されていますが、本当に見せるべき部分はしっかり窓の高さに…

秋葉原駅の「所要時間案内」の謎

秋葉原駅で山手線に乗る時に見たもの。 普通の所要時間の案内ではあるのですが、あちこちに白い何かで消された痕跡があります。 消された駅を見ると、おそらく、JRの他の路線への乗り換え案内があったのではないかと思います。 よくあるパターンとして、情報…

大船渡線BRT「乗りつぶし」と、BRTについての感想

2019年5月に大船渡線BRT(気仙沼~盛間)に乗ったので、その時のことを書き留めておきたいと思います。 まずタイトルの「乗りつぶし」ですが、厳密には乗りつぶしているとは言いにくい状態ではあります。 実際の運転系統と名目上の路線形状の違いについて 20…

気仙沼線BRT・鉄道 全線乗りつぶしの記録

気仙沼線BRT・鉄道の全線に乗って見たもの、感じたものを書き留めておきたいと思います。 実際には複数回に分けて乗車しているのですが、ここでは気仙沼→柳津・前谷地の方向に順番に紹介していきます。 乗車したのは2019年5月なので、ルートもその時点のもの…